厳選された脱毛

img_01
永久脱毛というと以前は針脱毛のことでしたが、最近では医療脱毛でも永久脱毛に近い結果が得られます。
針脱毛だと脱毛に時間がかかってしまう上に、処理後腫れることもあり、施術者の技術によって大きく差が出てしまいます。


使うレーザーは大きく分けて2つあります。

医療脱毛についての情報をお教えします。

アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーです。

両方ともメラニンだけに反応するレーザーを利用したもので、照射するとメラニンで高熱を発生させ、その熱で毛包や毛乳頭を焼き切るのです。

アレキサンドライトレーザーは処理速度が高い半面、火傷を起こす可能性が高いといわれており、照射したときに輪ゴムではじかれるような痛みがあります。ダイオードレーザーは出力の割に処理能力が高く火傷を起こしにくいといわれており、照射した時には針で刺したようなチクッとした痛みがあります。


また、医療脱毛の副産物として、薄いシミやソバカスなどが取れ、美白効果が得られる場合があります。顔の産毛の脱毛を考えている女性にとっては一石二鳥の話ですが、どちらのタイプのレーザーであっても、産毛にはあまり効果がありません。
産毛にはフォトRPやロングパルスヤグレーザーなどを使って処理する所もありますので、産毛の脱毛を考えるのであれば、どういった機械を使っているのかも調べておく必要があります。

体質、脱毛部位、毛質に応じて、機械の使い分けができるのは、医療脱毛の良い点です。エステサロンでもフラッシュ脱毛をしていますが、医療脱毛に比べると出力が弱いので、完全に脱毛をするには少し時間がかかります。何かあった場合のことも考えると、脱毛は医療機関でしたほうが安心できます。